スタグフレーションとは?

スタグフレーションとは?

スタグフレーション(stagflation) = 経済用語


スタグフレーション(stagflation)とは、停滞(stagnation)、インフレーション(inflation))の合成語で、経済活動の停滞と、物価の持続的な上昇が同時に続いている状態です。


通常、物価上昇時(インフレーション)には景気は上向く、と一般的と理解されていますが、スタグフレーションでは、景気が悪化するとともにインフレーションが進行する特殊な状況です。


ちなみに、

インフレーションは景気回復局面で発生することが多く、物価が上昇しますが、雇用や賃金も増加します。

デフレーションは景気後退局面で発生することが多く、雇用や賃金が減少し、需要が減ることにより物価は安くなります。


いっぽう、

スタグフレーションは雇用や賃金が減少する中、物価上昇・貨幣、預貯金価値が低下しますので、スタグフレーションの状況下では、景気が悪化し、同時に物価の上昇が進行します。


・税制上の要因、増税などによる物価の上昇

スタグフレーションの要因

スタグフレーションの要因

 

 

スタグフレーションが発生する要因には幾つか要因がありますが、経済上の資源を過剰に使用し、経済成長した場合にバランスをとるために発生します。

 

需要よりも先に、供給不足が起こりますので、供給の増加での対応が難しい状況となります。

 

 

・インフレーションが発生し、商品供給が追い付か無い場合

 (農産物の凶作、原価の高騰などにより生産の行き詰まりの発生など)

 

・不況下での賃上げを行わなければならない場合

 

・景気の後退と通貨価値の下落が重なった場合